遺言について(6) ~遺贈の放棄(1)~

今回は、遺贈の放棄について書いてみます。

改めて、“遺贈”について説明します。
遺贈とはどういう意味でしょうか。
「遺産の贈与」を省略したものです。
自分が亡くなったら、相続人が代わって贈与する行為です。
なので、遺贈する義務者(以下は省略して「遺贈義務者」)は“遺言執行者”“相続人”となります。

似たようなものに“死因贈与”が有ります。
これは、自分が亡くなったら贈与してあげるという“契約”です。

遺贈と死因贈与、どちらがよいのかは、ケースバイケースですね。
目的によっては、死因贈与契約を強くお勧めします。
遺言は、知らない間に作り替えられていた場合は最も古いものが有効となりますが、契約につきましては勝手に破棄するのは難しいためです。
尚、死因贈与契約については、後日取り上げたいと思います。

さて、遺贈ですが、大きく分けると『特定遺贈』と『包括遺贈』に分けられます。
特定遺贈については、特定の財産一つ一つについて遺贈されることと割り切って頂いても間違いはないと思います。
特定遺贈は、放棄は財産毎に自由にできます。
期間の制限もありません。
“遺贈義務者”への口頭の意思表示で事足ります。
但し、言った言わないのトラブルにもなりかねませんので、書面による確認を行う事が重要です。
フォーマットは無いので、放棄する人と放棄する財産が特定できるようにしておけば問題ないのですが、漏れがるといけないので、専門家への相談は忘れずに。

前回ブログ
遺言について(5) ~遺留分(5) 対策(続き)~

関連
当事務所の遺言に関する報酬について