相続放棄を行うための期間について

前回以前において、相続放棄とその効果について書いてみました。
では、相続放棄とはいつまでに行う必要があるのでしょうか。

相続の放棄を行う期間については、民法第915条~第917条に定義されています。
(相続の承認又は放棄をすべき期間)
第九百十五条   相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2   相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。
第九百十六条    相続人が相続の承認又は放棄をしないで死亡したときは、前条第一項の期間は、その者の相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から起算する。
第九百十七条    相続人が未成年者又は成年被後見人であるときは、第九百十五条第一項の期間は、その法定代理人が未成年者又は成年被後見人のために相続の開始があったことを知った時から起算する。

つまり、相続の開始(親等が死亡し、自分が相続人になることが判明したとき)から3カ月以内に家庭裁判所にて手続きを行うことが大原則だということです。

でも、原則があるということは例外もあるということです。
特に実務では柔軟な対応がされるようです。