民法改正案 「民法の一部を改正する法律案」

今回は「民法の一部を改正する法律案」についてです。

改正の柱は(以下は簡便的に民法内の条文番号のみ記載します)
①第4条(成年)の改正 ⇒<成人年齢を20歳から18歳とする>
②第731条(婚姻適齢)の改正 ⇒<婚姻年齢を男女共に18歳とする>
③第737条(未成年者の婚姻についての父母の同意)の削除 ⇒<未成年の子が結婚することが無くなったので削除>
④第753条(婚姻による成年擬制)の削除 ⇒<737条と同じ>
⑤第792条(養子となる者の年齢)の改正 ⇒<養親となる基準を成年ではなく20歳以上とする>
⑥第804条(養親が未成年者である場合の縁組の取り消し)の改正 ⇒<792条に違反した養子縁組の取り消し請求の期限を成年から20歳に変更>
⑦以上に関連して、民法以外の法令の改正 ⇒<飲酒・喫煙・資格取得など20歳以上が望ましいとされるものを成年から20歳へ変更等>
(例:未成年者喫煙禁止法 ⇒ 二十歳未満ノ者ノ喫煙ノ禁止ニ関スル法律)

平成34年4月1日施行ということが改正民法の附則第一条関係に定められるようです。

改めて思ったのですが、カタカナで書かれた法律がまだまだ多数存在するということです。
「未成年者喫煙禁止法」などの関係法令も、この機会に口語訳すればよいのにと思うのは私だけでしょうか。

関連
法務省 国会提出主要法案 第196回国会(常会)