改正民法の施行期日が決定されました

この度は、当事務所のHPをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、皆様、昨年可決されました「民法の一部を改正する法律」(平成29年法律第44号)の施行期日が発表されていたのをご存知でしたか?
新聞に掲載されていたのでしょうが、情けないことに完全にスルーしていました。

政府の動きとしまして、次のとおりでした。
平成29年12月15日:施行期日を閣議決定
同年同月20日:施行期日を定める政令を公布

とのことです。
因に、施行期日は平成32年4月1日です。 この日をもって、改正される民法(債権法が中心)が適用となるわけです。

時効・法定利率・売買等、簡略化されたものや現在の常識・慣行に即したものに改められたものがほとんどです。
特に、賃貸借に関しましては、ガイドラインに沿ったものとなるだけで、皆様の常識が覆されるわけではありませんので、ご安心ください。

<関連ブログ>
改正民法が公布