“失踪の宣告”があった場合の「相続の開始があったことを知った日」

前回のブログで、「相続の開始があったことを知った日」について書きました。
その中で紹介しました通達におきまして、『失踪の宣告』について記載されております。

「失踪の宣告」とは、行方不明が長期間続いた場合、財産管理もままならず被扶養者の生活不安も募る一方ということで、一定期間生死不明であった場合には、家庭裁判所にて手続きを行うことにより宣告されるもので、結果として死亡したものとみなされ、相続が開始します。
民法第三十条~三十二条に記載されております。

(失踪の宣告)
第三十条 不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪そう の宣告をすることができる。
2 戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止や んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、前項と同様とする。
(失踪の宣告の効力)
第三十一条 前条第一項の規定により失踪の宣告を受けた者は同項の期間が満了した時に、同条第二項の規定により失踪の宣告を受けた者はその危難が去った時に、死亡したものとみなす。
(失踪の宣告の取消し)
第三十二条 失踪者が生存すること又は前条に規定する時と異なる時に死亡したことの証明があったときは、家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により、失踪の宣告を取り消さなければならない。この場合において、その取消しは、失踪の宣告後その取消し前に善意でした行為の効力に影響を及ぼさない。
2 失踪の宣告によって財産を得た者は、その取消しによって権利を失う。ただし、現に利益を受けている限度においてのみ、その財産を返還する義務を負う。

もちろん、生きていることが分かった場合には、失踪宣告が取り消され、戸籍も回復します。(民法第32条)
失踪には2種類あります。 「普通失踪」と「特別失踪」です。
普通失踪は、民法第三十条第一項に定められている、7年間の生死不明の期間が経過した後に申し立てを行い、家庭裁判所による失踪宣告がなされたものです。
特別失踪とは、同条第二項に定められており、“戦争”“災害”などの危難にあって失踪されたケースで、1年間の生死不明の期間が経過した後に申し立てを行い、家庭裁判所による失踪宣告がなされたものです。