国税庁より平成30年の路線価が公表されました。

昨日の7月2日に、国税庁より平成30年の路線価が公表されました。
昨日の夕刊や本日の朝刊にていろいろご確認されたのではないでしょうか。
近畿では、京都や神戸の路線価上昇率が大きかったようですね。
あと、心斎橋など大阪のミナミの路線価も上昇していたようです。
外国人客の利用の影響と書かれておりましたが、そもそもキタの阪急百貨店周辺はもともとが高いので、上昇率というような割合でみると不利なだけだと思うのですが。

因に、路線価とはその年1月1日の現況に基づいて決められております。
つまり、先月の大阪北部地震の影響は考慮されておりません。
なので、7月2日時点の地価の傾向を正確に表しているかというと、全くそうとは言い切れませんので注意が必要です。