保険に関する相続税について(2)

前回は、保険契約者と掛金負担者についてこだわってみました。
今回は、「生命保険契約に関する権利」について別の視点から見てみます。

これらの規定は、保険契約者と掛金負担者が異なる場合に限って定められております。
どいうことかと言いますと、保険契約者別にもう少し詳しく見てみます。

保険金掛金を負担した者が亡くなった(以後、被相続人と言います)場合で、2つの区分に分けて整理します。

イ)被相続人が保険契約者と同一人の場合
“本来”の相続財産となります。
つまり遺産分割協議が必要であり、契約者たる地位を遺産分割により承継した相続人の方が相続税の納税義務を負います。
なので、「生命保険契約に関する権利」は関係ありません。

ロ)被相続人が保険契約者ではない場合
相続税法上のみなし相続財産となり「生命保険契約に関する権利」が課税されます。
なお、みなし財産なので、遺産分割協議などは関係ありません

定期金給付契約(年金積立など)についても同じことで、生命保険契約を言い換えればよいだけです。

因に、保険料を全く支払ったことがない保険契約者が死亡した場合には、税金が全くかかりません。
あくまでも掛金負担者が死亡し、その掛金を支払った権利についてだけ税金がかかります。

以上色々と書きましたが、「保険契約者」と一言で終わらす(あるいは簡単な注釈だけで終わらせている)参考書などの危険性についてご理解いただけましたでしょうか。

また、われわれ税理士は、相続税の申告書を作成するにあたって、必ず『どんな契約に係わらず、亡くなられた方は生命保険や年金保険などの掛け金を負担されておられませんでしたか?』とお伺いします。
なぜこのような質問をするのかと言うこともご了解ください。

前回ブログ
保険に関する相続税について(1)