不動産の賃貸借(16) ~貸家の鍵の交換について~

今回は、貸家の鍵の交換について確認します。

貸家の鍵を交換する理由として、①紛失②賃借人の退去 が考えられます。

賃借人が紛失したことにより鍵を好感した場合、もちろん賃借人の善管注意義務違反なので、賃借人負担となるでしょう。
だからといって、賃借人が勝手に変えるのはまた別の問題となりますので、紛失した際には速やかに賃貸人へ届け出ましょう。
また、不適切な使用(鍵を使って固い蓋を開けようとするなど)で破損した時も同様です。

あと、賃借人が退去し新しい賃借人の入居に伴いカギを取り換えるのは、これは賃貸人の貸家の管理上の問題なので、もちろん賃貸人の負担で行うべきでしょう。

前回ブログ
不動産の賃貸借(15) ~風呂・トイレ・洗面台の水垢・カビ等~