「日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)」ブログについてのご質問 その1

国立社会保障・人口問題研究所より公表された「日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)」につきまして、4月4日・5日にブログにてコメントを記載しました。
その内容につきまして質問を頂きましたので、追加でコメントさせていただきます。

質問)65歳以上の人口も減少するのか?

回答)増加します。

前回と同じく、伊丹市・西宮市・尼崎市・宝塚市について65歳以上の予測人口をみてみます。
       伊丹市    西宮市    尼崎市    宝塚市
2015年 47,461人  114,577人  126,364人  61,531人
2020年 51,170人  125,608人  131,067人  67,319人
2025年 51,974人  131,837人  128,974人  70,208人
2030年 53,713人  140,276人  128,566人  73,397人
2035年 56,562人  151,964人  132,046人  77,895人
2040年 60,393人  165,423人  139,697人  82,910人
2045年 61,313人  169,521人  141,124人  83,138人

伊丹市は、2015年比で2035年119.2%、2045年129.2%となります。

27年後の2045年は、2015年比で労働人口が74%に減少することを考えれば、年金・健康保険・公共資産の維持諸々どうなっていくのか本当に恐ろしいです。

参考ブログ
「日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)」が公表されました。 (の続き)