当事務所の報酬計算規定です。

遅くなりましたが、当事務所の報酬計算規定を掲載します。

特徴は、掛かった作業に応じて報酬額を決めることです。

詳細は、まずヒアリングを行い、皆様の目の前で決めていきます。

特に、相続税の申告報酬は、預貯金や上場会社株のような絶対的な評価額と、土地や非上場会社株式等のような税理士によって評価額が変わってくるものとを分けて考えております。

税理士が手間をかけて相続税が下がるのであれば、その手間に応じた税理士の報酬を決めたつもりです。(評価額の?%とすると、頑張って評価しない方が、相続税が上がり・税務調査のリスクが少なくなり・税理士の報酬が増える・ということになり、依頼人の方々には全くメリットがないため)

税理士の報酬だけを注目するのではなく、“相続税と税理士報酬の総額”でご判断下さい。(いくら安い税理士報酬でも、相続税が高ければ意味はありません。)

まずは御問合せ下さい。

以下に、PDFにて掲載しております。

報酬計算規定_相続税申告 (平成30年4月1日改定しました)

報酬規定_相続その他の手続き

報酬規程(法人)

報酬規程(個人)